English Language: image
名前: アデラ
年齢: 28
髪の色:栗茶
目の色:青い
身長:1 7 1 CM
性別:
国籍:アメリカ合衆国のハンティントン ビーチ市
恋愛関係:アンデイーの彼女
ペット:キキ (猫)
職業:お針子 / ファッションデザイン科の学生
趣味:アニメ、テレビゲーム、ネットサーフィンをする事、コスプレ、絵を描く事、漫画、大会へ行く事、ウェブマスター、読むこと、RPG
一番好きなゲーム:「ファイナルファンタジー7」、「ウォークラフト3」、「ファイナルファンタジー9」、「スターオーシャン2」、「水滸伝1」、「バルダズ・ゲートII」、「ネヴァーウィンター・ナイツ」、「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」、「ゼルダの伝説 時のオカリナ」、「ゼルダの伝説 夢をみる島」、「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」、「デッドオアアライブ」のシリーズ、「Twisted Metal「ガンダムシード」
II」一番好きなアニメ:「モンスター」、「るろうに剣心」、「あずまんが大王」
持っているゲーム機:プレイステーション2、ピーエスエックス、ドリームキャスト、ファミコン、スーパーファミコン、ゲームギア、ゲームボーイ、メガドライブ、ニンテンドーゲームキューブ(アデラのニンテンドーゲームキューブのめい福を祈る)
持っているゲーム:「水滸伝3」、「ファイナルファンタジー4、5、6、7、8、9、10」、「レガイア伝説」、「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」、スターオーシャン2」、「バルダズ・ゲートII」、「バルダズ・ゲート」、「ディアブロ」、「ディアブロII」、「ネヴァーウィンター・ナイツ」、「ディヴァイン・ディヴィニティ」、「ダーク・エイジ・オブ・キャメロット」、「ゼルダの伝説 夢をみる島」、「ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章」、「ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 時空の章」、「ゼルダの伝説 時のオカリナ」、「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」、「ソウルキャリバー」、「Super Smash Bros. Melee」、「メタルギアソリッド」、「メタルギアソリッド2」、…あのね、知ってる?  たくさんのゲームがあるよ!  このリストはもう駄目だ。
一番好きなバンド: Therion, TOOL, A Perfect Circle, System of a Down, Metallica, The Machines of Loving Grace, Trance/House music, Nine Inch Nails, RadioHead, Jeff Buckley, Kamelot, Blind Guardian, Apoptygma Berserk, KMFDMなど…などなど

A little about me:

image

カリフォルニア州オレンジ郡のハンティントンビーチ市に住んでいる25歳のファッション科の大学生だ。 ハンティントンビーチ市にはかなり大きい市だ。1981年にテキサス州のサンアントニオで生まれた。 高校時代の3年生の途中でサンアントニオからサンデイエゴに引っ越した。 そこで卒業をして、コスプレーに興味を起こさせてくれた人にはじめて会ったの。 それから、このコスプレサイトが始まった。

子供のころは、子供は家にテレビゲームをするのを禁じられていた。 でも、両親が離婚した後、両親は昔ほど厳しくない。 母はクリスマスにスーパーファミコンを買ってくれた。 やっとのことで、うわさのテレビゲームの物を紹介してみた。 文字どおりこれからの人生の始まりだと思った。 ますます様々のビデオゲームに夢中になった。 そしてついに、父はプレイステーションと 「ファイナルファンタジー7」のゲームを買ってくれた。 手短かに言えば、それ以後、テレビゲームをして、アニメを見ていた。 こんな娯楽の一形態が好きだって、創造性をつかさどる右脳を使う趣味を発達させることができた。 

アニメエキスポ2000から戻った友達からコスプレをする事を聞いて、私の初めての衣装を作った。「文字どおりこれからの人生の始まりだ」って…何が言いたかったの?  じゃ、私はずっと芸術家だ。 でも、コスプレのお陰で美術解剖学に対する感受性が備わっていることが分かった。 その上、紙に服飾のスケッチを現実のコスチュームへ変身する事ができる。 イラストレーションや裁縫が大好きで、服飾デザイナーのキャリアの道を選んだ。 私はただ衣装デザイナーになりたいだけでなく、映画やテレビの衣装デザイナーになりたいだ。 これは、私の究極の夢だ。 夢見ることができればやり遂げることができる。 夢をかなえるために頑張ります! image

私はロサンゼル市のファッション学校FIDM(ファッション・インスティチュート・オブ・デザイン・アンド・マーチャンダイジング)FIDM.edu の学生だ。 そして、卒業と同時にハリウッドで映画関係の衣装デザイナーになって生計を立てるつもりだ。

image 今のところは、私は若いうちに自分や友人や家族のためにコスチュームを縫うつもりだ。 私は非常に外向的な性格をしているし、笑うことを楽しんでいる。  でも、私のコスプレのオンライン・フォトアルバムを見た人と直に会うと、ほんとに驚いたわ。 コスプレの写真の中で私の顔はいつも覚めた表現がいるので、多くの人は、これは現実世界の非常だと思いっている。 そんなことはない。 コスペレの写真を録る時、好きなアニメ/ゲームキャラみたいになりたいだけだ。 それは、とても大事なことだと思う。 アニメ/ゲームキャラの物まねをするのは、陽気な面より深く感情的な面の方が好きだ。 だから、いつも美しくて、落ち着いた顔でポーズを取ろうとした。

コスペレをする事は私の芸術的な創造性の表現だ。 いつも絵を描く事や描く事から多くの楽しみを得って、実在しないキャラクタに扮する事からも楽しみを得るのは自然な流れだ。 コスプレをする事は創造性の全側面がある。 インスピレーションを受けて、長時間熱心に取り組んで、そのインスピレーションから生まれた衣装を作った! 自分のコスチュームは自分で作った後の満足感が大きくて、職人気質が多くた。

米国アニメ/ゲーム/漫画の大会はほとんどいつもコンベンションセンター付きのホテルである。 時にはこれら大会の場はとても小さなホテルである。 時々、大会の場では多くのホテルは大きいコンベンションセンターを共用する。 大会の場によって違う。

image 米国の大会でホテルの部屋の中でひそかにコスチュームに着替えられる。 その後、大会の場へ行く。 どこへでもコスプレをする事ができる。 これに慣れている。 もちろん、初めての日本のコミケットへ行く時、それはコミケットには当てはまらないと聞いて、びっくりした。 着替えができるのは、 所定のコスプレ更衣室だけだし、コスプレ衣装を着たままでの来場・会場外への外出は禁止するし、とても緊張した。 知らず知らずに規則を破ることを心配していた。 …今でも日本で全部の大会の規則は同じかな… 分からない。

とにかく、日本へ行った時、コスプレ更衣室で難し過ぎるので、コミケットへ行くの前にFF7のエアリスらしいヘアスタイルにしていて(エアリスのコスチュームを着るつもりだった)、普段の洋服を着って、ホテルから出発した。 とても混乱していた! 日本語での指示の掲示を読めないから、所定のコスプレ更衣室を見つけなかった(「コスプレ」だけが分かった!)。 コミケットはとても大きいので、どうしようもなく道に迷っちゃったよ。 泣きたい思いだった。 親切だし、英語を話せるお兄さんが私を助けてくれたのはその時だよ。 そのお兄さんが所定のコスプレ更衣室に連れて行ってくれた。 本当にどうも有り難うございます、お兄さん!  助かります!

その後、たくさん日本人のコスプレイヤーと友達になった。 よく混乱していたが、みんなが私を助けてくれた。 みんなが私にやさしい! ハッピー・エンドだ! 良かった! みんなのご協力に感謝します! いつかもう一度コミケットへ行きたい! もっと日本人のコスプレイヤーと友達になりたい!  

コンベンションでもし見かけたら気軽に声をかけてね!  内気にならないでね! 話すことも大好きだ。 でも、日本語を話せないので、英語を話してもいい?  許して!  いつか本語の授業を取るつもりだ!  約束するよ。

翻訳者:オーブラエン・メガン(Gazelle1583)

image image image image image image image image image image image image image